NEWS | Feb. 21, 2020

U.S. Marine Corps Training at Hijudai complies with bilateral agreements

Yokota Air Base, Tokyo – U.S. Marines with the III Marine Expeditionary Force completed live-fire training at the Hijudai Maneuver Area, Oita Prefecture, Japan, on February 19, 2020 as part of the Artillery Relocation Training Program (ARTP).  The units involved complied with all bilateral agreements while scheduling and executing the training events.   

The Government of Japan, through negotiations with the U.S. in the Joint Committee regarding the ARTP, agreed to live-fire training with operating hours from seven a.m. to nine p.m. at Hijudai.  In the same agreement, Japan also supported live-fire training at the Yasubetsu and Ojojibara maneuver areas. The U.S. is committed to balancing the need for realistic training with the concerns of local communities.  In fact, this bilateral agreement, designed to reduce the training tempo in Okinawa, was reached at the 782nd Joint Committee held on July 3rd, 1997.   

According to Mr. Nathan Frost, U.S. Forces Japan Joint Committee Secretary, “Government-to-government agreements in Japan are all negotiated in the Joint Committee—a process that we have used successfully for more than 70 years.”

The Joint Committee is the highest-level, government-to-government coordination body between the U.S. and Japan. Agreements reached there are binding under the Treaty of Mutual Cooperation and Security.

Mr. Frost added “It is regrettable that local arrangements are being confused with national-level agreements between governments. U.S. Forces Japan takes local concerns very seriously and if there are issues that need to be discussed at the Joint Committee, we are happy to consider them.  However, attempts to renegotiate existing agreements have to be done at the Joint Committee level and recent ARTP issues at Hijudai have simply never been raised there.”

The spokesman for U.S. Forces Japan, Lt. Col. Robert Firman, added “We strive to be good neighbors, while also working to maintain the readiness levels necessary to support the security of Japan and maintenance of regional peace and security.  I hope to see the concerns of local communities better reflected in discussions at the Joint Committee, but at the same time, once an agreement between two allied governments is reached, we fully expect the Government of Japan to explain to these communities why it supports ARTP and bilaterally agreed training.  This alliance is the cornerstone of peace and security in the region, and local understanding of these agreements is essential to what we do.” 

~USFJ~

 

英文が正文

在日米軍司令部 報道資料20-003                       2020年2月21日

米海兵隊日出生台訓練 日米合意事項を遵守

横田基地、東京―米海兵隊第3海兵遠征軍は射撃訓練移転プログラムの一部として2020年2月19日大分県日出生台演習場での実弾演習を終了致しました。部隊は訓練計画時において全ての日米合意に従うことに同意し慎重に参加致しました。

日本政府は射撃訓練移転プログラムに関する合同委員会における米国との交渉を通して、午前7時から午後9時までの運用時間と共に、この射撃訓練に合意しました。同様の合意において日本はまた、矢臼別と王城寺原演習場での実弾射撃訓練を支援しました。米国は長期に渡り現実的訓練の必要性と地域の懸念のバランスを取るよう努力しており、そして沖縄の懸念を払拭するよう企画されたこの二国間合意は1997年7月3日に開かれた第782回合同委員会にてその合意に至ったものです。

合同委員会は日米間の最高レベルの調整機関であり、そしてその合意事項は相互安全保障条約の下に義務付けられております。在日米軍司令部合同委員会事務局長ネイサンフロスト氏によると、「日本における政府間の合意は合同委員会を通して成されており、その調整手順は70年以上の間、非常に良く機能しています。」

フロスト氏は更に、「地域での合意が国家政府の合意と混乱されていることは残念です。在日米軍は地域の懸念を非常に真剣に受け止めており、合同委員会で議論する必要のある課題がある場合には我々は喜んで議論します。しかし、現存する合意を再交渉する試みは合同委員会にて成されなければなりません。そして現在の射撃訓練移転プログラムに関する課題については未だ我々レベルまで提案されていないのです。」

在日米軍司令部広報部スポークスマン、ロバートファーマン中佐は更に、「我々は日本の安全と地域の平和と安全の両方を支援する為に即応体制レベルを維持するよう従事しながら良い隣人となるよう努力しております。地域の懸念は合同委員会の議論にて反映されることが望ましいと考えます。そして同時に、合意に達した後は日本政府により何故この訓練が重要で、何故射撃訓練移転プログラムを支援するのか、そして全ての二国間合意された訓練について、これらの地域の皆さんに説明をして頂けることを望みます。この同盟はこの地域の平和と安全の礎であり、これら合意に対する地域の理解は訓練の重要性と同等に必須なものなのです。」と述べました。

~USFJ~