Home : Leadership : Article View

ケビン B. シュナイダー中将

在日米軍兼第5空軍司令官

ケビン . シュナイダー中将

 

ケビンB.シュナイダー中将は、横田基地にある在日米軍及び第5空軍の司令官であり、日本にて米軍を代表する高官幹部である。シュナイダー中将は、二国間の安全保障問に関する事項の管理、統合・共同訓練の監督、日米地位協定の運用、戦闘即応態勢の向上、62,000人の軍人・軍属及び42,000人の扶養家族の生活の充実に対して責任を負っている。

 

シュナイダー中将は1988年に米空軍士官学校を卒業と同時に任官。米空軍兵器学校とNATO合同ジェットパイロット訓練課程を卒業。米中央軍の管轄地域の戦闘航空団を含む中隊、群、航空団レベルで指揮を執る。参謀の経歴としては、統合参謀本部、米空軍参謀本部、米空軍中央軍司令部、太平洋空軍での任務を含む。シュナイダー中将はT-38、F-15EとF-16で3800時間以上の飛行時間を持つ最上級操縦士であり、そのうちの530時間は戦闘飛行時間である。不朽の自由作戦、イラクの自由作戦で戦闘任務を遂行した。

 

学歴

1988年 工学士号、コロラド州、コロラドスプリングス、空軍士官学校 
1996
年 空軍兵器学校教官課程、ネバダ州、ネリス空軍基地 
2005
年 修士号(国家安全保障および戦略研究)、バージニア州、クアンティコ海兵隊基地、海兵隊大学校学生 

 

経歴

1.  1988 年8月 – 1989年9月 第88飛行訓練飛行隊Euro-NATO統合ジェットパイロット訓練課程 学生、テキサス州、シェパード空軍基地

2. 1990年2月 – 1990年9月 第72戦術戦闘訓練飛行隊F-16 転換訓練部隊、フロリダ州、マクディール空軍基地

3. 1990年11月 – 1993年11月 第36戦闘飛行隊F-16飛行教官、韓国、烏山基地

4. 1993年11月 – 1995年12月 第432作戦支援飛行隊兵器小隊々長、F-16飛行教官、後に第13戦闘飛行隊兵器戦術班長補佐、三沢基地

5. 1996年1月 – 1996年6月 空軍兵器教官課程F-16部門学生、ネバダ州、ネリス空軍基地

6. 1996年6月 – 1998年5月 第78戦闘飛行隊兵器戦術班長、兵器士官、第55戦闘飛行隊小隊長、サウスカロライナ州、ショー空軍基地

7. 1998年6月 – 2000年5月 空軍兵器学校作戦士官補、特別企画班長、F-16兵器教官、ネバダ州、ネリス空軍基地

8. 2000年5月 – 2001年10月   空軍参謀長付副官、バージニア州、アーリントン

9. 2002年1月 – 2003年7月 第52戦闘航空団兵器戦術班長、後に第23戦闘飛行隊作戦士官、ドイツ、シュパンダーレム基地

10. 2003年8月 – 2004年7月 第80戦闘飛行隊々長、韓国、群山基地

11. 2004年8月 – 2005年6月 海兵隊大学校学生、バージニア州、クァンティコ海兵隊基地

12. 2005年6月 – 2007年5月 統合参謀本部第5部、軍政部副部長付上級顧問、欧州/NATO/ロシア/アフリカ担当副部長、西欧州*バルカン、東欧州、ユーラシア支部担当士官、バージニア州、アーリントン、国防総省

13. 2007年6月 – 2008年12月   第56支援群副司令官、アリゾナ州、ルーク空軍基地

14. 2008年1月 – 2009年7月 第388戦闘航空団司令官、ユタ州、ヒル空軍基地

15. 2009年月 – 2011年6月 第80飛行訓練航空団司令官、テキサス州、シェパード空軍基地

16. 2011年7月 – 2013年6月     人材、人事、(役務、兵役、軍務)担当参謀次長、 空軍将官管理部長、バージニア州、アーリントン、空軍省

17. 2013年6月 – 2014年6月 第380航空遠征航空団司令官、南西アジア地域

18. 2014年7月 – 2015年5月 米中央空軍副司令官補佐官/第9航空遠征任務部隊副司令官補佐官、サウスカロライナ州、ショー空軍基地

19. 2015年5月 – 2016年7月 太平洋空軍参謀長、ハワイ州、パール・ハーバー-ヒッカム統合基地

20. 2016年7月 – 2019年2月 太平洋軍参謀長、ハワイ州、キャンプ・スミス

21. 2019年2月 – 現職 在日米軍司令官/第5空軍司令官、横田基地

 

統合任務経歴

12005 6月-2006 12  西ヨーロッパ・バルカン支局、戦闘将校、後に東ヨーロッパ・ユーラシア支局、戦闘将校、後に国防総省統合参謀事務局第5部、ヨーロッパ/NATO/ロシア/アフリカ軍事問題担当副部長補佐官(中佐)

2. 20192月現在, 横田基地、在日米軍司令官(中将

 

飛行経歴

資格:最上級操縦士

飛行時間:3,800時間以上(うち戦闘飛行時間530時間以上)

航空機機種:F-15E、F-16、T-38

 

主な受勲

空軍殊勲賞

勲功章

青銅星章

国防従軍功績章

従軍功労章

航空章

航空功労章

空軍称揚章

空軍功労章

 

昇任年月日

少尉:198861

中尉:199061

大尉:199261

少佐:199881

中佐:2003年21

大佐:200791

准将:201362

少将:2015112

中将:201925


20192月5日現在)